Now Loading...

光をまとう、艶フェイス。 ツヤやかで潤いに満ちた透明肌を 実現するクッションファンデーション

※1 メイクアップ効果による

カートに追加

ワンタッチで、生命力溢れる光をまとって——。

ワンタッチで、 生命力溢れる光をまとって——。

ファンデーションでありながら、ヒト幹細胞由来のオリジナル成分・HAS※1を配合。
複数の成長因子を含むこの成分により、”つけている間ずっと、肌にいい”新時代のベースメイクを実現しました。
1品でスキンケア・UVカット・下地・ファンデーションの4役をこなすから、慌ただしい朝の時短アイテムとしても大活躍。

自在に伸縮して毛穴などの凹凸をピタッと埋めるエアクッションパウダー※2と、シミやシワを”飛ばして”見せない※4真珠状の光拡散パウダー※3が、薄塗りでも肌のアラをなめらかにカバーします※4
さらに自然な透明感※4やメリハリ※4をもたらす、立体3Dパウダー※5やクリアラスティングパウダー※6も配合。

エステ発送のスキンケア効果と相まって、その艶めきは肌の内から湧き上がるオーラのように※4
あなた自身をイキイキと明るく照らし出します。
リキッド派やパウダー派の方にも勧めたい、革新的なクッションファンデーションです。

  • ※1 ヒト脂肪細胞順化培養液エキス(保湿・整肌成分)
  • ※2(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
  • ※3 メタクリル酸メチルクロスポリマー
  • ※4 メイクアップ効果による
  • ※5 タルク、酸化チタン、酸化スズ
  • ※6 合成金雲母

光をまとう、艶フェイス。
ツヤやかで潤いに満ちた透明肌※1
実現するクッションファンデーション

※1 メイクアップ効果による

カートに追加

『艶フェイス』をどこでも手軽に。

理想の艶フェイスを叶える3つのこだわり

01

これ1つで
「UV」「下地」「ファンデ」「お粉」

UV効果は、うれしい SPF50+ PA++++ で紫外線をしっかりカット!
下地やお粉いらずで忙しい朝にもぴったり。
メイク直しでも、重ねてもムラになりにくくパパッとキレイな仕上がり。
セラミドポリマー※1配合で、“ぷるん”とハリのある肌に※2

  • ※1 (メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、グリセリン、BG
  • ※2 メイクアップ効果による
02

艶フェイスを叶える6つのパウダー

皮脂吸着パウダー※1・立体3Dパウダー※2・はっ水コーティングパウダー※3・クリアラスティングパウダー※4の 4つのパウダーを配合することで化粧くずれを防ぎ、クリア感※5をキープしながらお肌全体を美しく整えます。
また光を拡散させ、お肌の凹凸に入り込む光拡散パウダー※6とエアクッションパウダー※7のW効果※5でツルンとしたなめらかなお肌に整えます。

  • ※1 マイカ、酸化亜鉛、ヒドロキシアパタイト
  • ※2 タルク、酸化チタン、酸化スズ
  • ※3 酸化鉄、メチコン
  • ※4 合成金雲母
  • ※5 メイクアップ効果による
  • ※6 メタクリル酸メチルクロスポリマー
  • ※7 (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
03

エステ発想の美容成分を厳選配合

エステティックでも使用されるスキンケアラインの美容成分もバランス良く配合。
シリーズに欠かせないHAS※1、β-グルカン※2はもちろん、植物由来成分も日中のお肌ケアを考えて厳選配合。
つけている間中、うるおって乾燥から守ります。

  • ※1 ヒト脂肪細胞順化培養液エキス(整肌成分)
  • ※2 保湿成分

≪植物由来成分≫

整肌成分:アーチチョーク葉エキス、カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2K、アルニカ花エキス、オワゴン葉エキス、シャクヤクエキス

保湿成分:アルガンオイル、シア脂、ホホバ種子油、オリーブ油、ハトムギ種子エキス、カミツレ花エキス、アロエベラ葉エキス

ツールにも『艶フェイス』に導くこだわり。

添付面がなめらかで柔らかい肌あたりのパフ。
ファンデーションがムラなく均一にのびるものを選びました。
お肌にピタッと密着し、艶やかな仕上がりに導きます。

HASクッションファンデーションの使い方

パフに付ける量は3分の1程度

クッションファンデーションは、スポンジ状のクッションにリキッドが染み込んでいる状態なので、付属のバフにスタンプのようにポンポンと染み込ませます。
パフに付ける量は、パフの3分の1くらいの量で少しずつ付けていくイメージです。

顔の中心から外側へ向かって付ける

顔の中心、一番カバーしたい場所から外側に付けていきます。
顔全体にひろげたら、ポンポンとたたき込むようになじませます。
さらにカバーしたい部分は重ね付けしてください。

小鼻の周りはスポンジの先端を使う

小鼻のところはスポンジの先端を使います。
スポンジを半分に折って細かいところをカバーするようにしてください。

顔回りや額は残ったスポンジで

額回りや、髪で隠れる顔などは新たにファンデを付けずに、スポンジに残った ファンデを利用して軽く押さえるように、厚塗り感が出ず化粧崩れを防ぐことができます。

厚塗り感が出ず、化粧崩れを防ぐPoint

01

スポンジに液を
多く取り過ぎない

02

顔の中心から外側に
向かって少しずつ伸ばす

03

顔回りや額は残った
スポンジで軽く伸ばす

光をまとう、艶フェイス。 ツヤやかで潤いに満ちた透明肌※1を 実現するクッションファンデーション

※1 メイクアップ効果による

カートに追加
カート情報
商品情報
注文概要
小計 (税抜):
消費税:
合計:

「今すぐ購入」をクリックすることで、プライバシーポリシー利用規約について確認・同意したものとみなされます。

*1: 本州の場合。
*2: 離島を除く。

すベての合計:
購入に進む